家族のことや手話(手話に対する思いや勉強)のことなどを書いてみました。


by kspcblog
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

お久しぶりです。

ずっとこのブログを放置しておりました。m(__)m

その間に、コメント欄が・・・・違う方向の方々ですごく埋め尽くされて、がっかり。
だから、久しぶりの大掃除をさせてもらいました。
またバシバシブログを書いて!なんていう約束はできませんが・・。
またチョクチョク戻ってきます。(笑)

今の私の状況は、兼業主婦。(良い方と再婚できたなんて、本当にありがたいことです)
平日は仕事。
土日祝は休み。

しかし、学芸大学でのケイズパソコンスクールはなくなっても、通い続けてくださっている生徒さんがいます。
その方とは、一緒にいろいろな運命をたどっておりました。(笑)

ケイズパソコンスクール閉校後、

綱島の家で・・・
会社にパソコンスクール部門の講師でやとわれれば・・そこの生徒で
不景気で会社がその部門を閉鎖のため・・また綱島の家で
そして私が再婚して・・・今度は1年パソコンスクールお預け・・で、
去年の9月にまた最寄駅綱島にて新居をかまえることができ、またまた現在の自宅にて・・

こうなったら、とことん!つき合わさせていただきます!状態です。

でも幸せですよね。
人とのつながりが、出会いだけじゃなく、こうやって続いていてくれるというのが・・。

感謝しております。

コメントを掃除していて、山田さんのコメントを拝見しました。
お顔も覚えておりますょ。
みなさん、一人ひとりが大事な生徒さんでしたもの。

ブログ放置状態で、気が付くのが・・遅すぎました。
良い先生に巡り合えていることを祈ります!
[PR]
# by kspcblog | 2011-01-29 09:25 | 笑顔の裏で・・
3月31日には綱島の家を大家さんに返すので、今一番忙しいのが、不用品を回収をしてくれる会社決め。

チラシを見て、いろいろな会社の方に、見積もりをしてもらっていましたが、チラシを見て、来ていただいた業者は、やっぱり?っていうのも変ですが、newsさんが一番しっかりした対応でした。

っというのも、ほかの業者さんは、回収費用の安さをチラシでうたっていながら、いきなり25万円とか言い出し、それは高くて払えないからいいですっと、いうと、10万円になったり・・、値段があってないようなものがモロバレです。

そういうやり取りをすると、ちょっと会社的に疑ってかかってしまいます。

今週はとにかく、どこの回収業者に任せるか?見積もりウィークと決めていますので、明日、もう1社に見てもらって、どこか1社を決める予定ですが・・

今のところ、ケイズパソコンスクールからの長年のお付き合いの生徒さんから紹介で、今日見積もりにきてもらったのですが、その業者の方が丁寧で、安心できそうでした。

でも明日最後の会社は、息子の関連会社なので、一応そちらの見積もりと検討して結論を出します。

どんどん綱島との縁がきれていきますが・・、不思議なものです。

ここに引っ越してきた日も、4年前の3月31日で、そして去る日も3月31日とは・・。
[PR]
# by kspcblog | 2010-03-12 19:06 | etc・・

結婚

このブログに登場するのは久しぶりです。
私自身、このブログに投稿するのに、パスワードも忘れてしまったぐらいです。

そこで報告いたします。

友達から呼ばれた会社が2009年3月に、この不景気のため倒産で失業。
そして次の会社は、昔のケイズパソコンスクールの生徒さんが働いている会社で、良い条件で事務で拾ってもらいました。
そして、2009年10月には、素敵な人みつけて結婚もしました。

現在も、横浜市民ですが、港北区ではありません。
彼の家へ引っ越しました。

綱島の家ではまだ3月末まで、仕事の帰りに、ほそぼそとパソコン教室をしておりましたが、4月には完全撤廃です。

今後、また足を運び、日記を書こうと思います。
[PR]
# by kspcblog | 2010-02-24 19:02 | 笑顔の裏で・・
人生はいろいろです。

学芸大学で開いた14年間のケイズパソコンスクール。

それから自営の教室をたたみ、カインド゙福祉ネットという会社のパソコン教室で2年。しかしそれも今年の3月で不景気のために終了。

それから自宅の綱島でほそぼそとケイズパソコンスクール開校です。
しかし生徒を募集するつもりはありません。

なぜなら、きちんと生活ができる本職の仕事がありますから。

さらにこのケイズパソコンスクールは、普通のパソコンスクールじゃない。
普通じゃない!とは言いきれないけど・・、知的障害や自閉症の児童や青年を引き受けているから。

だからケイズパソコンスクールは、募集はしていないけど・・、地道に開いております。

さらに知的障害や自閉症の子供以外にもありがたいのは、カインド福祉ネットの教室生徒さんの継続やら、はたまたその前の学芸大学自営時代のケイズパソコンスクールの生徒さんまで通っていただいております。

学芸大学のケイズパソコンスクールの生徒さんは、カインド福祉ネットにもきていただき、さらにこの我が家にも来ていただいています。

これは・・・、単なるパソコン教室の生徒というつきあいでは、語れない人ばかりです。

無宗教ですが、神さまありがとうさまです。
[PR]
# by kspcblog | 2009-07-30 22:29 | 仕事関連
またまたケイズパソコンスクール出戻りスタートかも?です。

今度は蒲田から、知的・自閉症の障害をもった子たちも、ひきつれて。

だから、形としては民間ではなく、NPOとして出戻り、設立したいとは思っていますが・・NPO障害児社会参加PC支援みたいな・・。でもどうやれば、NPOになるのか資料は集めていますが・・。
そうはうまくはいかないとも思っています。

人生いろいろあらなぁ~。ですね。

学芸大学から綱島へ、そして蒲田まで一緒に移動してくれた生徒さんが、昨日、たまたま、久しぶりに同じ時間帯になって、挨拶されていました。
「あら~、お久しぶりですね。また今度は綱島ですかねぇ~」って。

ありがたいことです。さらっとこういう風に、考えてくださるところが。
[PR]
# by kspcblog | 2009-03-04 09:22 | 仕事関連
人生を生きるって、厳しいですね。
この派遣切りの報道・・。
ヒヤヒヤしております。
なんせ、私の会社派遣会社なもので・・。
[PR]
# by kspcblog | 2009-01-19 18:45 | 仕事関連

昔、昔。
九州の大分県から、東京へ来たときは、まだお若い私でしたが・・。
その頃、パソコンのワープロソフトは一太郎バージョン3だったのではないでしょうか?
もう記憶も薄れてはっきり覚えておりませんが・・。

とにかくパソコンを始めたいと思い、パソコン本体30万円(ハードディスクはない時代)、CRT(液晶のモニタがない時代)のモニタが8万円。

清水の舞台から飛び降りた気持ちで買ったパソコンでしたが、やっと家に運ばれたパソコンを接続してびっくり。

電源を入れても、モニタがまっくらで、エンターキーを押しても、ふんともすんとも。

あわててお店に駆け込んで、「すみません、パソコン電源いれても真っ暗な画面なんですが・・。」と泣きそうな私。

しかし店員さんが一言。
「ソフトを入れましたか?」と。
「え?ソフト?ソフトって何ですか?」と言いながらの何も知らない私。
「ソフトがないと動かないんですよ」と教えられ、初めて秋葉原に立つ私。
じゃ、そのパソコンどこで買ったんじゃ~?となると、まったくパソコンのことも何も知らない私は、家に入ったチラシをみて、渋谷の丸井に設置されたワンコーナーで販売されていたパソコンを買っていました。

今じゃ信じられないのですが・・。なんせ何も知らなかったので・・・ということで。

さて秋葉原にたって、立ち並ぶ店、店、店。
どこの店にはいっていいのかわからず、適当に入り、「すみませんワープロソフトをください。」といえば、店員さんから「このソフトは図もかけて優れものです。」と言われ、買ったソフトは、「かえで」じゃなく・・・「桐」でもなく、なんだったろう~?とにかく一太郎ではなかったです。確か5万~6万じゃなかったと記憶しております。

そしてソフトを買って、またルンルンで家に。

さて、パソコンの3.5インチドライブにワープロソフトが入ったフロッピーディスクを差し込む。
ブンブン音を立てて、立ち上がる。
(昔はハードディスクのない時代で、3.5インチの中にソフトのプログラムも入っていたのです)

さぁ~これから使いこなすぞ!と意気揚々。

しかし、どこをどう押したら、どうなるのか????まったくわからない。

悪戦苦闘したものの、あきらめて、パソコンスクールを探し、パソコンスクールへ。

その当時もパソコンスクールはあっちこっちを探してもどこも高い!

もう清水の舞台から飛び降りた気持ちなので、もうそれ以上落ちようがない・・財布を逆さまにしても、うんともすんとも状態なのに・・・、でも仕方ない。
せっかく買ったパソコン、動かさないと意味がない。

そこでまぁまぁ、どこよりも安いということで、その当時住んでいた中目黒から御茶ノ水のパソコンスクールへ通うことにしました。そうして、そのワープロソフトが「一太郎」だったのです。
ガッビ~ン。
一般的にこの社会は、「一太郎」時代なのか・・と、またまた一太郎ソフトを泣く泣く買いに行く。

そこでパソコン38万、ソフト6万、スクール入学時に30万、またまたソフト6万。
っと、出費は清水の舞台から落ちるぐらいでの騒ぎではおさまらなかったのですが・・。

まぁ、こんなことがあり、そのスクールに入り1年後、講師にならないか?とお誘いを受け、そこで講師をすることになって、ほぼ20年弱が経過して、ケイズパソコンスクールを14年開校し、はたまた今の会社(株)カインズの特例子会社(株)カインド福祉ネット パソコン教室で、障害者高齢者優先(一般の方もモチ入学可能!)の教室で講師をしている、今の人生へと続いていくのですが・・・。

まぁ、その当時、九州から来たこともあり、台東区は素直に「だいとうく」と思っていましたから、漢字変換しても出てくれません。
あれ?台東区だけ、東京23区からのけ者扱い?とか勝手に思ったりしていました。
あとで、「たいとうく」とわかって、あちゃ~、私が間違っていた~(まぁ当然なんですが・・)という結果が多く、ワープロで改めて漢字に興味がわきました。
なんせ「ほい」と変換すると、「宝飯」なんて出てくると、ほ~なんて、楽しんでいる自分がいたのですから。

そこでいつも、漢字変換をして出ない漢字があると、パソコンの辞書できちんと調べるようになった私。
パソコンって便利。
なんせ、悲しいかな・・私の無知を補ってくれます。

今日もどういう経過か?「月日は百代の過客にして、行きかふ年もまた旅人なり。」(とは、みなさまご存知の松尾芭蕉の『奥の細道』の冒頭の一節ですが…。)これを入力しようとして…

「月日は百代の過客…」までを変換。
それはまず「つきひはひゃくだいの」までで変換し、次の「かきゃく」。これが変換しても出ません。
で、「かかく?」と入れても変換しません。
そこでインターネットの辞書で調べたら、またまた私の無知をパソコンから補ってもらいました。

有名な一節であり、何度も目にしている文句なのに、実は、正解は
「月日は百代(はくたい)の過客(かかく)にして、行きかふ年もまた旅人なり」でした。

目で読めているから気にしなかったですが、口頭では読めていませんでした。

私にとって、パソコンはなくてはならない知識補充箱です。
これからもパソコンさん、よろしくお願いします。って感じです。
[PR]
# by kspcblog | 2008-05-01 11:17 | etc・・

アフィリエイター

二人目の孫との初お目見え
将来のおじいちゃんは、アフィリエイターかも?
[PR]
# by kspcblog | 2008-04-18 21:19 | 友達関連
会員募集!
http://kspc.exblog.jp/tb/6922471
[PR]
# by kspcblog | 2008-04-17 16:14 | 手話勉強
明日は手話の大事な大事な試験があります。
試験とか切羽詰らないとやらないという、いつもの悪いところのバツを受けているのかも・・。

なんせ今日は、なかなか行けていない金曜の夜にある手話サークルに行く予定をしていたのに、昨日「両親から車で送ってもらって、帰ってきました~」と二人目の孫を実家の名古屋で出産した嫁っこから電話があり「お帰りなさ~い。」と労いの言葉。
そして、さらに嫁っこのご両親が、私と会うことを楽しみに、今日まで東京にいらっしゃるというのです。

一人目の孫愛姫(あき)ちゃんもこの1ヶ月会わないうちに、お姉ちゃんになったそうですし、まだ生まれたばかりの龍真(りょうま)くんとは写真だけで、実際にお目見えしていませんが、孫たちにはまた日を改めて会いに行けます。

ただ、名古屋から見えたご両親とも挨拶したいし・・と思っていたら…、今朝、息子から電話がかかり、嫁っこのお父さんの親族が亡くなったということで、急遽お父さんは戻るのだけど、嫁っこのお母さんは私と会えるのなら、残ると言っているから、お母さんはどうするの?」と確認の電話がありました。

それならば、やはり、やっぱり嫁っこのお母さんに会いにいかねば・・なりません。

あ~土曜日の手話が本当に心配でありますが・・・。
これも運命の分かれ道。

しかし、私がしなければならないこと。
それはまずは家族の幸せにつながることが先決。

そして息子の幸せは嫁っこがいること。
孫がいること。
この家族がいつも幸せでいられるために、働いているこの母(おばあちゃん)に何ができるか?と考えると、時たま彼が苦しいと電話があれば、微額ですがお金のカンパをすることと、こうやってお祝い事にかけつけてあげる姿勢だけです。

あ~、明日の試験よ~、足りない手話の力に、神さまが舞い降りてくださ~いと、調子のいいことを願う私でありました。

でも人の命とは不思議なものです。
うちの旦那さんが亡くなって半年後に息子に似た一人目の愛姫(あき)ちゃんが生まれ、嫁っこのお父さんのお母さん(おばあちゃん)が亡くなって3~4ヶ月後に嫁に似た龍真(りょうま)くんが生まれたのですから。

孫の二人の写真です。バババカしております。
a0068232_13375234.jpg

この写真は嫁っこのブログからもらってきました・・。
嫁っこのブログも興味があれば、みてくださいね。
http://ameblo.jp/yasue0318

ついでに、工藤の会社で、工藤が書いているブログも紹介します。
http://kind-pc.net/blog/
[PR]
# by kspcblog | 2008-03-21 13:39 | 笑顔の裏で・・